保育方針

「遊びは学び」という考えにたって、年齢を問わず友達とのかかわりの場を設け、嬉しいこと、楽しいこと、悲しいことや悔しいことをたくさん経験できるようにします。
一人ひとりの個性を大切にしながら、長所を伸ばします。

保育目標

「よく食べ よく眠り よく遊び あいさつのできる子ども」

  • 自分で考え行動する子ども
  • 自然の中で思い切り遊び、健やかに育つ子ども
  • 思いやりがあり周りの人や自分を大切にできる子ども

私たちは、保育園での経験が今後の人生の根っことなるよう、そして、人とかかわり共に生きる上で大切な心が芽生えるようにしていきます。たくさんの愛情を受け、子どもの中に信頼感や自己肯定感が育つことを願っています。

わたしたちが創った保育園

木の温もりのある園舎は仕掛けがいっぱい。理想の育ちの姿を話し合い、国内外の園を見学して子どもが主体的に活動できる環境づくりをしてきました。

絵本コーナーや自由に工作ができるアトリエもあります。厨房をのぞいて食への興味が湧く子もいるでしょう。園児と職員の笑顔が溢れる保育園です。

PAGE TOP